ダイエット成功する秘訣

計画を立てる女性 ダイエットを成功させる最も簡単な方法の1つは計画を立てることです。
計画の立て方さえ工夫すれば、ダイエットの強い味方として役に立つはずです。
誰でも簡単にできる方法ですから、やり方を覚えてダイエットに活用しましょう。
ダイエット計画の立て方のコツとしては、3つが挙げられます。
1つ目は目標体重を決める事です。
この体重まで減らしたいという目標がなければ、どんなに巧妙な計画を立ててもモチベーションを維持しにくいものですが、何十キロという明確な数値があれば体重が減った時に少しずつ目標へ近づいていく充実感が高まります。
2つ目はやりやすい方法を探す事です。
ダイエット方法は人によって向き不向きがありますが、例えばジョギングやトレーニングといった体を鍛える方法が好みの人もいますし、登山やサイクリングといったスポーツが向いている人、糖質制限ダイエットで自然に細身になる人もいることから、楽しんでやれる方法を探すのが大切です。
3つ目は計画内に楽しみを作る事です。
ダイエットでありがちな間違いの1つが必要以上にストイックになってしまう事でしょうし、楽しみがなければどんな計画も長続きはしません。
これ以上入れられない、というくらい楽しみを入れるほうが丁度良いものです。
例えば好みの雑誌や本を購入してジョギングで走った後に読むようにしたり、サイクリングで好きな場所まで出かけて好きなものを食べて帰って来る等です。
ダイエット計画自体は、こんなに余裕を持たせていいのかと思えるほど緩く設定した方が良い場合もあります。
1か月に1kgと意気込むより、3か月間で平均体重が500g少なくなるという程度であれば、意外と1カ月や2か月で達成できるものです。
計画は守るより修正していく事を意識して、最初は緩めの計画にしておき、成績に合わせて調整していきます。

オーリスタットはダイエットに最適

お腹をつまむ女性 オーリスタットはダイエットに効果的な薬であり、カロリーの中で脂肪のみに作用します。
糖質やタンパク質には作用しないため、脂肪の摂り過ぎが気になる方におすすめです。
脂肪はあらゆるカロリーの中で最も高カロリーであり、1gあたり9kcalもありますが、糖質やタンパク質はその半分以下の4kcalしかありません。
脂肪分の多い食事を好む方は、食べる量がそれほど多くなくても太りやすいのです。
また自分では食べる量を減らして食事制限をしているつもりでも、脂肪分の摂取が多いので摂取カロリー自体はかなり高かったりします。
グルメ志向の方ほど脂肪を沢山摂っている傾向がありますが、これは美味しいとされる食べ物には総じて脂肪が多く含まれているからです。
特に外食は美味しさに重点を置いているため、1食あたりのカロリーが相当に高くなっています。
1食1,000kcalを超えることも珍しくなく、外食の頻度が多い方はそうでない方と比べて1.5倍以上もカロリーを摂っていることがあります。
大量の脂肪を摂っている方は、運動をしてもあまり痩せません。
運動はカロリーを燃焼させますし代謝力も促進してくれますが、それ以上にカロリーを摂っていては思うような効果は期待できません。
暴飲暴食をしていれば、ハードなダイエットをしてもあまり効果が出ないわけです。
オーリスタットのメリットは、摂取した油分の30%をブロックし、吸収を阻害してくれることです。
従来のダイエット法はいかに食べる量を減らすかがポイントでしたが、オーリスタットなら無理な食事制限をすることなく痩せることができます。
ただし、自分で食べ過ぎを自負するような状態は改善する必要があるため、薬に依存する考えはいけません。

オーリスタットはなぜ日本で認可されないのか

副作用のリスク ダイエットに有効な成分のオーリスタットはアメリカのFDAという機関から認可され、ダイエットに効果があると認められている成分です。
オーリスタットの働きとしては、リパーゼの阻害作用です。
リパーゼというのは脂肪の分解を行う消化酵素の事ですが、この成分の働きによって人体に吸収され易いサイズまで脂肪分が分解されるようになります。
しかし、オーリスタットを服用する事によってリパーゼの働きを阻害する事ができますので、脂肪分が吸収され難くなり、それによってダイエット効果を得る事ができるというものです。
非常に画期的な成分として注目されているのですが、しかしながら日本では認可されていません。
なぜ認可されていないのかと言えば、肝障害という副作用のリスクがあるからです。
肝障害が見られたケースは全体からすれば極僅かな割合ではありますが、時には重篤な問題な発生する恐れがありますので、日本では認可されていない状況です。
日本ではまだ認可されていないですが、オーリスタットはゼニカルという名前で販売されており個人輸入という形で簡単に手に入れる事ができます。
この個人輸入で入手して利用するのは問題がありませんので、自己判断で利用されている方もいるようです。
ただし、もし何らかの副作用が発生した場合には全て自己責任になりますので、その点はよく踏まえて利用しなければいけません。
そして使用中に異常を感じた際には速やかに使用を中止すると共に、病院での診断を受けるようにする事が大切です。
また個人輸入を利用する際には偽物の存在にも注意が必要です。
このように人気がある薬の場合は偽物が製造販売されている可能性もありますし、重篤な作用が発生する恐れもありますので、併せて注意すべきポイントと言えます。